利用可能なサイトの種別について

ネットの中にはとても多くの援助サイトがあります。
けれどもその多くは悪質サイトや、有料サイトへ誘導させられたりなど、とても安心安全に利用出来ない様な援助サイトも多くあります。
しかし尚且つこの援助サイトを使っている方達は存在していますので、優良なサイトを選別する事が大切になってきます。

それではどの様なサイトが安心安全に利用可能な援助サイトになってくるのでしょうか。

1.アダルト的な表現の程度

よく注意して貰いたいのがサイト自体の広告やデザインについですが、そこにアダルト的なものが多くなっているどうかです。
この援助サイトだけでなく、この様なアダルト的な表現が多い様なサイトには注意して下さい。

2.料金システムの把握

やっと登録したにも拘わらず、そこに女性が全然いない。
などの様な事もあるのです。ですので最初にそのサイトにおける会社概要等を良く見てチェックしておいて下さい、また料金システムもよく
確認して下さい。もし悪質サイトであれば、怪しい箇所が出てくるものです。
また登録後に初めて料金システムが分かる様なサイトもある様です。注意して下さい。

利用可能なサイトを断言する事は出来ませんが、中には有料系の援助サイトのみを厳選して紹介している所もある様です。
まずはその様なサイトによって、自ら合致したサイトを選別してみて下さい。

相手より連絡があれば

サイトへと登録後に相手である女性より連絡がくれば、
その時“成功”と言う事になってきます。ですのでそれ以後は、もう少しその関係を進める様な工夫も大切になってきます。
最終的に「会ってみたい」という方達には尚更になってきます。
この様な連絡を不意にしない為にも注意が必要になってきます。

それでは最初のメールで相手から連絡がくれば、どんな感じで接すればいいのでしょうか?
それは「最初のメールと同じような接し方」にして下さい。
急にその態度は変えないで下さい。
また2回目のメールにおいても尚警戒心がある様な女性達も多いので、返信が来たと言ってとても軽い発言はしないで下さい。
そして下心が見え見えのメールも止めて下さい。

援助サイトや出会い系サイトを使用する時は、その様な関係(身体関係)も含有されている時もありますが、ちゃんと相手との繋がりが出来るまで、
その様な発言は回避しておいて下さい。
またずっと最初のメールみたいな丁寧な文調でもいけません。
ちょっとずつ弾けていく方がより親密度も出てきます。

例えば名前を呼ぶ方法を変えてみたり、また敬語から普通の口調になったりなど。
その様な少しの変化でもその距離は小さくなっていきます。
メールでの会話ですのでいろいろと難解な所もあるかと思いますが、折角相手から連絡が来たのでゆっくりと攻めていってみて下さい。
当然と親密になれば、「会ってみたい」事をそれとなく表現するのもいいかもしれませんね。